wechat
arpara 5K VR头显

最新资讯

iPhone13 Proと同等という驚きの軽さを誇る5K対応VRヘッドセット!「arpara VRヘッドセット」体験レポート

Gamer 2022-03-03

ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYがクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて販売を行うVRヘッドセット「arpara 5K VRヘッドセット」の体験レポートをお届けする。


「arpara VRヘッドセット」は、VR史上初のデュアル1.03インチMicro-OLEDスクリーンを搭載し、両眼共に5Kの高解像表示を実現したVRヘッドセット。PCやスマートフォンに接続して使用する「arpara 5K VRヘッドセット」と、ゲーム向けトラッカーが付属した「arpara Gamer 5K VRヘッドセット」、単体で完結する「arpara VR オールインワン」の3製品がラインナップしており、今回は「arpara Gamer 5K VRヘッドセット」を実際に体験することができた。


arpara VRの最もベーシックなモデルとなる「arpara 5K VRヘッドセット」は、5K解像度(2560×2560ピクセル)のデュアルマイクロ-OLEDディスプレイ搭載し、最大120Hzのリフレッシュレートに対応したVRヘッドセットだ。


Type-C、Miracastコンバーターを介して、PCだけでなくスマートフォンやタブレッドなどに接続することも可能で、3DoFに対応した動画視聴向けの製品となっている。


※Dof…VR空間での自由度。3DoFでは頭、首の回転や傾きに対応しており、6DoFでは3DoFに加えて移動を認識する。


本製品は、PPI(ピクセル単位)、PPD(角解像度)を高水準で搭載しており、深い没入体験が味わえるのが特徴だが、特筆すべきはその軽量さにある。重さはわずか200gで、iPhone13 Pro(203g)と同程度。装着時の重量負担などから解放され、物理的にも没入感を体験できる。


そして、そんな「arpara 5K VRヘッドセット」に専用の拡張トラッカーを装着したものが、今回紹介する「arpara Gamer 5K VRヘッドセット」だ。基本的なスペックは「arpara 5K VRヘッドセット」に準ずるが、新たに6DoFに対応。外部に設置するセンサーを用いたアウトサイドイン方式で本格的なVRゲームが楽しめる。

実際に装着してまず驚いたのは、やはりその軽さ。拡張トラッカーを装着することで総重量は320gまで増加したが、「Oculus Quest 2」が503gであることからもその軽さがわかるだろう。それゆえに、固定バンドが左右のみで頭頂部を固定するストラップがなく、VRヘッドセットの“被っている感”が無いのが大きな特徴だった。


また、眼鏡ユーザーにとって切っても切れないのがスペーサーの問題。動きの大きいゲームをプレイしていると中で眼鏡がずれてきたり、鼻あてやつるが圧迫されて痛いという体験をしたことがある人も多いのではないだろうか。一方で本製品は裸眼で使用することが前提のつくりになっており、レンズの周りのダイヤルを回して、左右別に視差調節ができる。


これに関しては半信半疑でもあったのだが、視力0.1以下の筆者でも画面の細部や細かな文字までしっかりと認識できるようになったので驚きだった。


映像に関してはカタログスペック通りの美麗さで、5Kに対応していることで広く開放感を感じる。本製品はFOV(視野角)が95度と、同価格帯の製品と比べるとやや下回っているが、この理由からかあまり気にはならなかった。


比較的動きのある「Beat Saber」をプレイしたが、ヘッドセットのズレなどもなく快適に遊べた。


「arpara Gamer 5K VRヘッドセット」は、Steam VR 1.0および2.0ベースステーションと互換性があり、HTCViveコントローラーとValveIndexフィンガーに対応。既にVR環境が整っている人は、ヘッドセットを取り換えるだけで5K環境を手に入れられるというのがメリットになるだろう。


一方で、本製品を購入した上で一からVR環境を整えようとすると、ベースステーションやコントローラーなどの周辺機器を揃える必要がある。そんな人におすすめなのが、「arpara VR オールインワン」だ。

接続型の「arpara VRヘッドセット」と同じ、5Kデュアルマイクロ-OLEDディスプレイ搭載。新たにスマートフォン、PC接続なしの完全ワイヤレスに対応した上で、重量は380gとなっている。コントローラーも付属する上に、外部カメラを必要としないインサイドアウト方式を採用しているので、この製品だけで手軽にVR環境が手に入るというのが魅力だ。


希望小売価格は、「arpara 5K VRヘッドセット」が699ドル(約79,022円)、「arpara VR オールインワン」が1,299ドル(約146,852円)。現在はクラウドファンディングのみでの取り扱いとなるが、今後はその他のプラットフォームでも販売を予定しているとのことだったので、気になる人はチェックしておこう。